「配管匠人™」誰よりも安全の尊さを知り尽くし、エネルギーを届ける使命にプライドを賭ける
「匠(プロフェッショナル)」の「技」と「熱い想い」をご紹介しています。

「配管匠人™」 「配管匠人™」
「配管匠人™」

2019.03.22

温和な人柄でみんなから慕われるベテラン職人さんのご紹介

若い頃は家業の八百屋を手伝ったり下水工事等の仕事をしていたと言う関川さん。この業界に入ったのは最初の結婚を機に安定した仕事に就くためだったそうです。

 

この日は新装開店する店舗厨房の機器接続工事で限られたスペースのため、キレイに仕上げるだけではなくお客さまが厨房に立たれた姿をイメージして、配管が邪魔にならないよう少しでも使い勝手が良くなるよう考えて施工するのが関川流。そうやって仕上げた時の満足感とお客さまに喜んでいただけた時にやり甲斐を感じるそうです。

 

職人歴24年の中で記憶に残っているゲンバはとあるお寺。京都ではお寺と言うのはよくあることですが、そのゲンバはお墓の上を配管しなければならず、そのまま工事することはできないため、魂抜きの法要をしていただいてからの施工だったので、とても印象に残っているとのことでした。

 

取材中、関川さんが何度か口にされた 「ゲンバの雰囲気に呑まれない」と言う、強い意志を感じるこの言葉。しかし、そこには言葉の響きとは逆に関川さんの温和な人柄が込められていました。大きなゲンバになると色んな人が同時に作業を進めていかなければならないことはよくあることです。そんな時に自分のことだけを考えるのではなく、他の業者さんともしっかりコミュニケーションを取り、配慮を忘れないように心がけられているのだそうです。

 

そんな関川さんなので後輩からも慕われていて、23歳年下の社内でも評判の美人のハートを射止めたのも納得です。今は上のお子さんが「今年、小学校へ上がるのが嬉しい」そうですが、いつか奥さんのために「結婚式をあげてやりたい」と目を細めながら語ってくれました。

        

「配管匠人™」は、北海道ガス㈱の商標です(商標登録出願中)。許諾を得て使用しています。

ここで紹介している写真は一部イメージであり、日常、ゲンバでの安全管理には十分留意の上、作業しております。

ページトップへ戻る

Copyright © OSAKA GAS NAIKANKOUJIKYOUKAI CO.,LTD.
All Rights Reserved.