モンノ藤井さん個人メインビジュアル

祖父のスピリットを
受け継ぎ
夢を現実に

藤井 龍生 21歳社歴:3年目

2016/09/20

高校卒業後、この業界に入った藤井さんは、おじいさんが大阪ガス㈱社員で、子供の頃からガス工事に関する話をよく聞いていたという。その影響もあってか、人々の生活に欠かすことのできないガスを安全・安心に届ける作業を自分の手でしてみたいと思いこの業界に入った。

今日のゲンバは、中学校のガス埋設管の配管ルートを変更する工事だ。新設工事とは異なり、元々ある電気、水道等の他設備に注意しながら配管ルートを選定し、限られたスペースで工事をする必要がある。今日のゲンバも排水升が近くにあり、さらには不明管もあったため、非常に作業が難しいゲンバだ。
工事の仕上がりをイメージし、作業スペースの確保や材料寸法、埋設深度の確認をしながら、一つずつ着実に作業を進める藤井さんは、とても3年目に見えず、自信と誇りを持って作業に取組んでいるように思えた。

そんな藤井さんが、日頃から心掛けていることは、作業毎に行う「指差呼称」だ。指差呼称とは作業抜けの防止や質の高い確認を行うために、確認箇所を指を差して「○○よし!」と声に出して確認する方法。
3年目となって、新たに2種工事資格を取得し、作業スキルにも自信を付けている藤井さんであるが、「安全なガスをお届けする」、「絶対にガスを漏らさない」との使命から「指差呼称」による確実な作業を普段から忘れず実践している。そうした強い思いから、作業後、お客さまから感謝のお言葉をもらった時に一番のやりがいと達成感を感じると教えてくれた。

モンノ藤井さん① モンノ藤井さん②

今後の目標について聞いてみると、さらなる作業スキル向上を目指し、1種工事資格取得のチャレンジをしたい。また、新人の頃にお世話になった先輩のように手際良く、キレイに仕上げる作業に憧れており、将来はその方のような工事士となり、独立もしたい。さらには高級車も買いたい。と楽しそうに夢を語ってくれた。

藤井さんの趣味は、子供の頃からしていたボクシングと筋トレ。平日でも仕事が終わってから筋トレは欠かすことがなく、休日はボクシングの試合に出場しており、プライベートも非常に充実しているという。また、おじいさんと仕事の話をすることが多く、最近の工事の話題でいつも盛り上がるようだ。仕事に対する誇りだけでなく、楽しく仕事をしている藤井さんの一面を見ることができた。

モンノ藤井さん③
モンノ藤井さん④
モンノ藤井さん⑤ モンノ藤井さん⑥

ゲンバの星一覧に戻る

ページトップへ戻る

Copyright © OSAKA GAS NAIKANKOUJIKYOUKAI CO.,LTD.
All Rights Reserved.